信濃の国百年老舗企業&映像チャンネル 入口

《日誌の内容》  
◎嘉島典俊さん大河ドラマ「軍師官兵衛」に出演中 ◎映画「義仲穴」ワークショップ、リハーサル、稽古 ◎NTTドコモCM ◎新潟市議会連盟の視察 ◎映画「家」ロケ 
◎白鳥映雪語る会開催 ◎テレビ「シェアハウスの恋人」ロケ◎テレビ「千曲川紀行」ロケ ◎映画「ガールズコネクション」ロケ ◎テレビ3時はららら取材 ◎大学院生取材◎映画「ウサギ」鑑会◎愛知県安城市まちのチカラ創造フォーラムに出席 ◎4月19日小諸フィルムミッション市民参加型総会・特別講演のご案内
◎ヨシナカ伝説・義仲穴ポスター その他


 
 





■男はつらいよサラダ記念日
主役渥美清さんの人気シリーズ。
マドンナに三田佳子さんを迎えて小諸でロケが行われました。小諸で知り合った老婆が縁で小諸病院で働く女医と親しくなる寅さん。映画の冒頭より小諸の町並や祭りの風景が紹介された他、晩秋の小諸の美しい景色が随所に出てきます。小諸在住の井出勢可さんが渥美清さんや山田洋次監督と親交が深かったことから「こもろ寅さん会館」が小諸に建てられ、寅さんゆかりの地として有名になっています。


■大河ドラマ「風林火山
2007年大河ドラマ「風林火山」で小諸を紹介していただくため、小諸フィルムコミッションの前身ができました。交渉を通じ、武田信繁役の俳優・嘉島典俊さんと親交が深まりました。小諸に信玄の弟・武田信繁の墓があり嘉島さんは度々小諸を訪れ小諸フィルムコミッションの活動を手助けしてくれました。そんな縁で懐古園に嘉島さん執筆の看板が建てられ自らの公演も開催されました。嘉島さんは当コミッションの名誉顧問にもなっています。


■アニメ「あの夏で待ってる」
2011年初夏より小諸フィルムコミッションと「あの夏で待ってる」の制作チームが協議を重ね、アニメの舞台が小諸に決定しました。
その後7月12日、13日にかけて小諸でのロケが、小諸フィルムコミッションの案内で行われました。2012年に公開されたアニメは好評です。連日、小諸に「なつまちファン」が訪れています。
本も出版され「小諸ロケの思い出」に小諸フィルムコミッションが誘致したことが書かれています。




■スイス映画「ロバ狩」支援
2011年12月15日から19日にかけてスイスのジュネーブで公開される映画「日本のイゴール」のロケが小諸市内で行われました。当コミッションは夏頃より監督と連絡をとり準備をすすめてきました。京都に留学していた監督は当初、京都周辺での撮影を予定していましたが、当コミッションのきめ細かい対応に感銘し、小諸をロケ地としました。東京と京都の景色しか知らなかった監督は浅間山麓に位置する素晴らしい小諸の景色に感動していました。








■旅チャンネル「和の街日和」
スカパーの人気番組・旅チャンネルのロケが小諸で行われました。主な名所を小諸フィルムコミッションが案内しました。番組は懐古園小諸城をはじめ、城下町小諸の風情ある街角や郊外の田園風景に旅情あふれる千曲川など、小諸の魅力を存分に伝える内容となっています。写真はハイカラさんの衣装にふんした女性リポーターの撮影風景です
2010年

■島崎藤村原作映画「家」
2013年5月全国公開の秋原北胤監督、島崎藤村原作、主演西村知美さん、映画「家」が小諸市と佐久市を舞台にロケが行われました。小諸市では高濱虚子記念館・虚子庵、小諸病院、本町通りで撮影が行われました。窓口は佐久市で当コミッションはサポートするかたちで参加しました。

■フジテレビ「Oh,My Dad!!}
2013年7月
~9月、フジテレビ木曜日10時放送の織田裕二主演ドラマのロケが小諸で行われました。市内の保育園や小学校、また小諸市内の各場所でロケが行われました。エキストラ60名を集める大掛かりなロケとなり、多くの市民にご協力いただきました。

■秋原北胤監督映画「義仲穴」
秋原監督映画に本格的に協力しました。2013年6月よりワークショップを開催し、小諸より出演者を募りました。映画の大切なシーンを任され、小諸在住の日本舞踏家・明石須磨先生が一門をあげて全面協力していただきました。監督と呼吸をあわせいちから映画制作に携われた経験は大きな財産となります。